創作関連で色々と。
about
P.F_中毒は私萩原が個人で運営するブログとなります。
2次創作も扱う場合がございますが版権元とは一切関係ございません。
※無断複製転載禁止※
Please do not use any images on your site without permission.
Posted by 萩原ダイスケ
 
[案内
ガンガン5月号&Gファンタジー5月号発売中です
遅くなってしまいましたがGファンタジー5月号発売中です。
ホリミヤは77、78話掲載中!ショート+ショートになります。
ある意味宮村くんに振り回されているお話です。渡部君はすごい。
私は匂いに関しては「これなんかすき」「これはあんまり」ぐらいの感覚しか
無いので、嗅覚が鋭い方はこう…どんな感覚なのだろうと不思議になります。
嗅覚に限らず、五感から得た情報を過去の事象、記憶と照らし合わせて瞬時に
「これだ!」と正解を導き出す力は憧れてしまいます。
最近は何かしらの名前を導き出すのにも時間がかかってしまう始末なので…
「ほら、あの…アレ」現象です。脳トレがしたい。

話を戻しまして、掲載情報。
月刊少年ガンガン&ガンガンONLINEにてねねね五話目が掲載されております!
隔月連載ですが、新婚夫婦の日常は和やかです。
今回は清さんの面の下についてあれやこれ。
こちらもよろしくお願い致します!

実は先日活撃刀剣乱舞のライビュに行ってまいりました。
7月放送だというのに1話が先行で見れてあの鬼作画で…え?え?(困惑)
となっておりました。とにかく登場刀剣がかっこいいのと、枯山水は犠牲になったのだ。
7月がとても楽しみです。そして推しは見れるのでしょうか…とても気になります。
よくアニメの一時停止をして楽しんでいるので、今回も一時停止祭りになりそうです。

少し時間が空いたら次は映画に行こうかなと。美女と野獣!エマ・ワトソン美しいです。
Posted by 萩原ダイスケ
 
[仕事とか
Gファンタジー4月号発売中です!
4月にアニメが始まります王室教師ハイネが表紙の4月号!ホリミヤ76話掲載中です。
今月は井浦君を焦点に。
堀さんや宮村くん、由紀ちゃん達に他の人に見せない面があるように
井浦君にもそんな面が…
原作既読の方にはおなじみのあの子が初登場だったりです(´v`*)
今月もよろしくお願い致します!

時間を見つけてニーアオートマタをやっておりました。
前作もですが、周回プレイが苦にならないゲームでとても面白かったです。
(そして心抉れます)
9Sの怒号何度聞いてもヒエッとなりました。
あと地味にトロフィーの名前が好きです。砂漠地帯クリアのは二度見しました。とても元気!(血まみれ)
jbk.jpg
前向きな自爆。足とお尻ありがとうございます。
Posted by 萩原ダイスケ
 
[仕事とか
堀さんと宮村くん 10th Exhibition 2017
3月1日~31日まで『堀さんと宮村くん 10th Exhibition 2017』が開催されます!
イベントの詳細は【こちら】をご参照ください。
記念グッズにはポスターやアクリルフィギュア、描き下ろしの
記念漫画冊子もあるとのこと、堀宮ファン要チェックです!
私も色紙を寄稿させていただきました。
堀さんと宮村くんの世界に浸りつつ、よろしくお願い致します。

HERO先生、『堀さんと宮村くん』10周年おめでとうございます!
Posted by 萩原ダイスケ
 
[雑記
Gファンタジー3月号発売中です!
今月のGファンは花子くんと妖怪学校コラボのかわいい表紙が目印です!
ホリミヤは75話目が掲載中。今月もよろしくお願い致します!

75話は柳君の癖についてあれやこれ。
柳くんは作画に当たり一段と美形に描かなくてはという気持ちが働くので
目を頑張っております。
宮村くんが下まつげが束なのに対して、柳くんはバラで控えめに。
ただ上下とも長いイメージで作画しているので、目元アップになったら一番
まつげばさばさしている気がします。

編集部の方に送っていただいたお手紙を受け取りました。
いつも本当にありがとうございます!
わざわざお時間を割いてお手紙という形で、一文字一文字お気持ちを書いて
頂けたのだと思うと胸が満たされる思いです。
本当に、本当にありがとうございます。
大事に読ませていただきます!

なかなかお返事が出来ない現状…お手紙で頂いたご質問の中に
性別と年齢についてのものがありましたのでここでのご回答になりますことを
何卒ご容赦ください。
性別は女です。名前で混乱される方もいらっしゃると思いますが、その時は
当方のツイッターのプロフィール蘭をご参照頂けますと幸いです。
また年齢についてですが、こちらは秘密にさせて下さい(笑)
ただお酒は飲めますし、初々しさはないです。照れます。
Posted by 萩原ダイスケ
 
[仕事とか